News

2022年度狂犬病予防接種

2022/02/25

 

犬の登録・狂犬病予防接種について

〇犬の登録〇

生後91日以上の犬の飼い主には、狂犬病予防法により次の届出が義務付けられています。

犬の所在地を管轄する区市町村に登録する

登録の際に交付する鑑札を犬に装着する

飼い始めてから30日以内に必ず手続きをおこなってください。            

〇手続き〇

届出窓口は、地域健康課です。

受付時間は、平日(年末年始除く)の午前8時30分から午後5時まで。

登録及び鑑札の交付には、下記の手数料がかかります。

犬鑑札は、チタン製のプレートで登録犬1頭につき1枚交付(付番)します。

紛失した場合は、再交付の手続きをおこなってください。

大田区の犬鑑札及び狂犬病予防注射済票(リボン)については、こちらをご覧ください。

 

☆犬の登録に関する手数料

犬の登録・鑑札交付手数料              3,000円           鑑札再交付手数料     1,600円

 

〇狂犬病予防接種について

狂犬病予防法により毎年1回、4月から6月の間に狂犬病予防注射を受けさせること。

狂犬病予防注射済票(リボン)を犬に装着すること。

〇手続き〇

届出窓口は、地域健康課です。

受付時間は、平日(年末年始除く)の午前8時30分から午後5時まで。

手続きには、下記の手数料がかかります。

狂犬病予防注射を受けた動物病院等で交付される「狂犬病予防注射済証」を必ず持参ください。

交付する狂犬病予防注射済票(ポリエステル製のリボン)は、犬1頭につき1枚交付(付番)します。

紛失した場合は、再交付の手続きをおこなってください。

大田区での犬鑑札及び狂犬病予防注射済票(リボン)については、こちらをご覧ください。

 

狂犬病予防注射済票の交付に関する手数料

狂犬病予防注射済票交付手数料       550円         狂犬病予防注射済票再交付手数料    340円