手術について

手術について

手術は、緊急を要する場合以外は基本的に予約制となっております。

これは事前に最適な手術法を検討できることや万全な準備を整えることができるからです。また、飼い主様と十分なコミュニケーションを取ることができるのも利点のひとつと考えております。

さらには手術をより安全に行うために血液検査やレントゲン検査などの術前検査をお勧めしています。血液検査では貧血の有無や内臓機能などに異常がないかをチェックし、また、レントゲン検査では心臓や呼吸器などに異常がないかをチェックします。その他必要に応じて超音波検査、心電図検査、血液凝固系検査などを行う場合もあります。

当院では、これらの術前検査を行うことで麻酔のリスクを軽減できることはもちろんですが、異物、結石、腫瘍など違う病気の発見にもつながり何度も麻酔をかけることを回避しています。何も情報が無い状態で手術を行うより、知りうる情報を得て手術することの方が断然安全性が高くなり、術後の経過も良好に運ぶと思います。

なお、手術中は様々な様態の変化に対応ができるように心電図、体温、血圧、パルスオキシメーター、ガスモニターなどの最新機器を導入し、点滴を行いながら吸入麻酔にて手術を実施しています。

避妊および去勢手術

当院では繁殖の予定がないワンちゃんやネコちゃんに関して、避妊・去勢手術をお勧めしています。
飼育下の動物において避妊・去勢手術を行うことは、望まない妊娠の予防以外にも、以下のような多くのメリットがあることがわかっています。

女の子の場合

  • 乳腺の疾患(腫瘍・炎症)
  • 子宮疾患(蓄膿症・内膜炎・腫瘍など)
  • 卵巣疾患(嚢腫・腫瘍など)
  • その他、ホルモン関連疾患

男の子の場合

  • 精巣の疾患(腫瘍・炎症など)
  • 前立腺の疾患(腫瘍・嚢胞・過形成など)
  • 犬における肛門周囲腺腫・会陰ヘルニア・可移植性性器肉腫など
  • その他、ホルモン関連疾患など

内視鏡検査および処置

当院では下記のような症状がみられたり、なかなか改善しない場合は、内視鏡を用いた検査をお勧めしています。

  • 食欲がない
  • よく嘔吐をする
  • 下痢がとまらない
  • 血便がでる
  • 竹串などの異物を飲み込んだ

消化管疾患の診断に内視鏡検査は不可欠です。

内視鏡検査では、CCDカメラを体内に挿入して食道、胃、小腸、大腸、結腸などの中を観察し、消化管壁の厚さと内膜の状態を調べ、潰瘍やポリープ、異物などがないか調べます。
内視鏡検査は、慢性的な嘔吐や下痢が見られる場合、異物を誤飲した場合、血液検査により腸管内の異常が疑われる場合などに推奨されます。また内視鏡を用いて病理組織検査用の検体の採取、異物の摘出(大きさによる)、小規模な外科的処置などを開腹手術を行うことなく出来ます。

さらには人医で行われています染色液(インジコカルミンなど)を用いて病変を明らかにする色素内視鏡検査も導入中です。

内視鏡を使用する場合、全身麻酔および絶食や浣腸などの前処置を行う必要があります。