デンタルケア

当院では、ワンちゃんネコちゃんのデンタルケアーに力を入れております。
特に無麻酔の歯石除去が一番人気です! ペットの歯だってしっかり磨かなくちゃ!

デンタルケアーについて

3歳以上のワンちゃん、ネコちゃんの約80%が歯周病を患っているとも言われています。 この歯周病の原因は、歯に付着した歯石が原因です。
日々の食事などが歯に残り歯垢(プラーク)となり、その歯垢が3~5日で石灰化して歯石になります。それを繰り返す事で歯石がどんどん大きくなってきます。歯周病はお口の中だけでなく、体にも悪影響を及ぼします。

歯石の約75%は細菌です。この細菌の塊によって、口臭にとどまらず、痛いために食べられなくなったり、顎の骨が溶けてしまうということもあります。 また、食事などと一緒にこの細菌が体内に入ることで、腎臓、肝臓や心臓などの様々な内臓疾患の引き金になることもあります。

当院ではワンちゃんやネコちゃんのデンタルケアーに力を入れております。
歯みがき・ハンドスケーリング゙・超音波スケーリングという3つの方法を用いて、飼い主様とご相談しながら最適な方法をお選びし、ケアーを行っています。もちろんこれらに歯みがきガムなどを加えていただければベストです。

歯みがき(病院内で実施の場合、診察と一緒¥800 トリミング・ホテルと一緒¥500)

ペットは3~5日で歯石が形成されると言われています。

歯石は歯垢に石灰成分などのミネラルが付着して形成され、歯石は硬い殻の状態となり除去が困難となります。歯みがきをすることによってまだ軟らかい歯垢を除去することにより、歯石が付きにくくなり、歯だけではなく体全体も健康に維持できます。統計では15%寿命が延びるとも言われています。ブラッシングだけではなく、犬・猫用の歯みがきペーストを併用するとさらに効果が倍増します。

ぜひ、小さいうちからの歯みがきの習慣をお願いいたします。しかし、お家で行うのが難しいようでしたら、病院の方でも行っております。どうぞお気軽にお申し付けください。

歯についてしまった歯石は、がんばって歯を磨いてあげても取りきれません。
歯石が溜まってしまったことが原因で起こる病気もありますので、当院では定期的なデンタルケアをおすすめしていますが、その際には「無麻酔による歯石除去」と「全身麻酔による歯石除去」の2つの方法をご提案しております。

無麻酔の歯石除去(ハンドスケーリング) 料金¥1,500~¥3,000

「無麻酔歯石除去」というのは、全身麻酔を使用せず、無麻酔で主にハンドスケーリングにより歯石除去を行なう方法です。お口の中にお水が入っても嫌がらないワンちゃんの場合には、超音波スケーリングも併用して歯石除去を行なうこともあります。
無麻酔で歯石除去を行うと、麻酔によるワンちゃんへの身体の負担を考える必要がなくなるため、毎年歯石除去が行えるメリットがあります。もちろん、全身麻酔を行い超音波スケーリングを活用して歯石除去をすることも可能ですが、麻酔をして歯石除去を行なう場合は、いくつかのリスクがあります。
まず、費用が無麻酔の歯石除去に比べて高額になることです。

次に 麻酔がワンちゃんの身体に負担を与えることです。
特に定期的に歯石除去を行いたい方は、その都度、毎回全身麻酔を行なうのは心配だと考える方が多くいらっしゃいます。そういった方に当院でお勧めしているのが、麻酔を使わず無麻酔で行なう歯石除去です。
無麻酔で超音波スケーラーなどの機械を一切使わないでも、ハンドスケーリングで歯石除去は可能です。驚くほどきれいになりますので、一度試してみてください。ちなみに、当院ではこの無麻酔での歯石除去が一番人気の方法です。しかし、例えばあまりにも歯が傷んでおり、ほとんどの歯を抜かなければならないなど、状況によっては無麻酔での歯石除去ではなく、全身麻酔での歯石除去をお勧めする場合もございます。

その他、飼い主様のご意向や動物の性格、心不全の有無など、獣医師が様々な角度から検討し、「無麻酔での歯石除去」で行なうべきか、その他の方法で行なうべきか相談して治療方針を決めておりますので、まずは一度ご相談ください。歯石を放置していると危険です。早めに、定期的に歯石除去をしてあげましょう。